読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月面工場

月面開拓中

戯言9

戯言

伝統文化である舞を見る時、その舞の所作、想いが昔と何一つ変わらないとしても、見る側の胸に去来する思いや沸き起こる気持ちは昔とは全く異なるのだろう。

この舞を見て昔の人は何を感じ取ったのだろう。涙したのか、笑ったのか。

そんな推測をしながら、何も感じない自分に少し寂しさを覚えた。

変化し続ける個のバックボーンやアイデンティティと変化せずに残される伝統文化。

受動的に、個に与えられる文化の一側面は保存されない。